鹿児島の口コミ

鹿児島の「甘食」は「シンコム3号」?鹿児島県民ならイケダパン推し!

投稿日:2015年4月14日 更新日:

創業67年、イケダパンの「シンコム3号」から「あいらぐま」まで

シンコム3号

■甘食ってなに?

今日、ネットのニュースを見ていたらこのような記事が。

筆者も「甘食」って知りませんでした。

知らなかったけど、「ぼうろ」のようなものかなあ?と思ってボソッとつぶやいてみたら、「ちょっと違うかも…」とリプが。
よくよく調べてみると明治時代から続いているお菓子らしい…

それで、ふと思い出したのが、イケダパンの「シンコム3号」

ご存じの方いらっしゃいますか?

■シンコム3号とは

イケダパンが昭和36年に発売した菓子パンです。
もう50年以上経つのですね!

実は筆者の両親は大島紬の職人で、自宅で仕事をしていました。
父の3時のお茶請けがいつもシンコム3号でした。

こちらの記事で「折田鴨池二丁目店」のことをお話しましたが、こちらがまだ配給所だったころに売ってて、よくお使いで買いました。
そして冷蔵庫で冷やしてから食べていたものです。

 

■シンコム3号は甘食?

ところが、さらにシンコム3号を検索していたら…
こちらにこの一文が!

「甘食を2つ重ねて、間にクリームを塗ったような製品」

なるほど!
これで「甘食」の雰囲気がわかりました!
「ぼうろ」よりもちょっとふわっとしてますね。

ということは
「シンコム3号」=「甘食」?

■余談ですが…

シンコム3号のことをいつも母が
「『焼きりんご』みたい」と言っていました。

本物のりんごを焼いたものではなく、やはりシンコム3号みたいな菓子パンです。

後にあわしま堂リョーユーから「やきりんご」という商品が出たとき、
「ああ、こんな感じ、昔の焼きりんご」と言ってました。

■せっかくなので

シンコム3号の思い出に耽ってるのもいいですが、ここでイケダパンの人気商品をご紹介します。

●「あいらぐま」

webマガジン「旅色」で取り上げられました!
表紙は「あまちゃん」の能年玲奈ちゃん!
(画像からリンクとべます)

春色表紙

春色あいら
イケダパンの工場が姶良にあるから「あいらぐま」とすぐにわかったアナタは紛れもない鹿児島県民ですね!

ちなみに、この「あいらぐま」シリーズに「ラスク」がありますが、イケダパンは日本で最初にラスクを製造販売した会社なんだそうです!

 

今、イケダパンはご存じ「薩摩剣士隼人」のパンも作っていますね!

地産地消は農産物だけではなく、県内食品会社の製品も同様だと思います。あらためて下記の公式webサイトをご覧になって、イケダパンの商品も召し上がってください♪

 

すみません!;;;

なんとこのイケダパンさんも「甘食」を作ってらっしゃいました!

DSC_0175

失礼しました。

でもやっぱりシンコム3号と味がちょっと似てます。。

あいらぐまwebサイト
※直営店・webサイトのご案内があります。
http://www.airaguma.com/index.html

イケダパン
http://www.ikedapan.co.jp/index.html

 

-鹿児島の口コミ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「農家レストラン&ギャラリー稲音館」は吉野の自然の恵みたっぷりのレストラン!

手づくりのランチがとってもおいしい吉野の稲音館。ギャラリーやハンドメイド品が素敵 …

no image

祖父母に会いに

“私の祖父母が鹿児島県姶良郡に住んでおりますので、鹿児島県にはよく行 …

鹿児島弁シロクマどん3のご紹介

LINEスタンプ かごんま弁Ver おっくん様のLINEスタンプのご紹介です! …

かごりん1周年おめでとうございます!

本日2016年3月1日は鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」運用開始一周年で …

伊勢丹通信大九州展薩摩川内市特集

薩摩川内市 Satsumasendai City 伊勢丹立川店において、大九州展 …

FaceBookでも鹿児島の情報配信中♪

Ads