鹿児島の口コミ

天気のいい日は「霧島アートの森」へピクニックに出かけましょう。

投稿日:2015年1月28日 更新日:

鹿児島県北部に位置する湧水町に自然と現代アートが調和した美術館「霧島アートの森」があります。

園内は整備された野外公園のようなつくりで霧島山麓の森の中に芸術作品が点在する不思議な空間が広がっています。
現代アートといえば大人向け?と思われるかもしれませんがこの美術館は大自然の中で実際に作品に触れられ、おまけにお弁当の持ち込みもOKな子供連れに断然お勧めの穴場スポットです。

霧島アートの森へは九州自動車道、栗野ICを降りて栗野岳を目指します。
カーブの多い山道を案内標識に従いながらしばらく車を走らせると現代アートの好きな方ならおなじみの芸術家、草間彌生さんの花のオブジェがメインゲートでお出迎えしてくれます。

森の木々に囲まれた穏やかな雰囲気の駐車場に車を止め、館内に続くアプローチを進むと心地よい山風が吹き抜けていよいよ気分も高まってきます。

入場口と屋内展示場であるアートホールに入ってチケットを購入し、パンフレットをもらったらまずは美術館オリジナルのポストカードやお土産などが売っているミュージアムショップ併設のカフェへ。

お菓子やお茶で一息入れながらエリアマップで気になる作品をリストアップし、散策ルートを確認します。屋内にも展示エリアがあり期間限定の展覧会やアートイベントなどが定期的に催されていますがやはり屋外エリアが断然お勧めです!なんと言ってもここは「アートの森」ですから。

気になる展示物を見つけてなんとなく行きたい場所が決まったら張り切ってアートホールを出発です。

館内から野外展示エリアに出ると大人でも走り出したくなるような美しい芝生が一面に拡がります。この日はお天気も良く、青空の下で元気に駆け回る子供たちの姿があちこちで見かけられました。
その緑のじゅうたんの中には大小いくつもの作品が広々と展示されていて、訪れていた子供たちは作品に触れたり登ったりとまるでちょっと変わった遊具のようですごく楽しそうです。

大空の下で実際に見て、触れて、身体全体で作品を感じている姿を見ていると、これが芸術の本当の楽しみ方なのかもしれないと言う気分にさせられます。

芝生広場から続く森の中には自然の樹木や地形など景観と一体化した作品が展示された樹林ゾーンとなっています。
芝生広場とはうって変わって静かでひんやりとした森の中を散策路に沿って進むと、森を活かしたと言うよりは森に溶け込んだ感じの人工物がほどよい間隔で現れてきます。

宝探しのように森に隠れた作品を一つ一つ見つけ出すと、どれも何かの物語に出てきそうな動物のオブジェや秘密基地のような作品ばかりで子供たちも興奮気味。大人も童心に帰ってしまいます。

中でも「ベレシート」と名付けられた鉄のトンネルのような作品はその先端のスリットから霧島の風景が切取られ思わず息を飲むほどの美しさです。度々メディアでも紹介されている作品なので一度は見ておきたい作品です。

森の探検に満足して、再び芝生エリアに戻ってきたらお待ちかねのお弁当の時間です。9時の開園に合わせて行けば園内を散策してちょうどお腹が空いた頃にアートホール付近に戻ってこられます。

食事の後は創造の森ゾーンのダイナミックな作品を楽しむもよし、芝生で思いっきり遊ぶもよし、ショップでお土産を物色するのもよしです。

一日では回り切ることが出来ないくらいの広さですが、半日くらいでも十分満喫することが出来、特に子供の年齢に合わせた楽しみ方が出来るのは大きな魅力の一つです。

お弁当やおやつを持参すれば入場料は大人310円(幼児は無料!)とおサイフにもとても優しい、まさにファミリーにぴったりの施設です。休日でも混んでいることはあまりないのでのびのびと過ごせますが唯一、注意が必要なのは「雨が降ってない日に行く」と言う事でしょうか。

-鹿児島の口コミ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本日、10月5日は「じめさぁ」の命日!

■薩摩おごじょなら「じめさぁ」にあやかりましょう! http://saint-j …

鹿児島の塩パン情報!

お店ごとの違いを楽しむ塩パン! 最近。「塩パン」が流行ってますよね! 鹿児島でも …

[かごりん]嵐のコンサートをかごりんで見に行きましょう!

7月30日(土)・31日(日)鹿児島アリーナで嵐のアリーナツアーがあります!「か …

【世界遺産】関吉の疎水溝は生きた歴史を感じるロマン!

明治維新の原動力を今でも見ることができる! 昨年、世界遺産に登録された「「明治日 …

セイカとカクイって…

隣同士で名前もカナ3文字同士の鹿児島の代表的な企業 鹿児島のお土産で「ボンタンア …

FaceBookでも鹿児島の情報配信中♪

Ads