鹿児島の口コミ

国民文化祭を県民パワーで成功させよう!

投稿日:2015年3月1日 更新日:

薩摩ならではのおもてなしを!

今年2015年は鹿児島県で国民文化祭が開催されます!

名称は「第30回国民文化祭・かごしま2015」
テーマは「ひっとべ!かごしま国文祭」。
開催期間は
主催事業 平成27年(2015年)10月31日(土)~11月15日(日)…16日間
協賛事業 平成27年(2015年)7月~11月…5ヶ月間 です。

国民文化祭(以下国文祭と呼びます)は、全国各地で国民一般の行っている各種の文化活動を全国的規模で発表し、競演し、交流する場を提供することにより、国民の文化活動への参加の機運を高め、新しい芸術文化の創造を促すことを狙いとした祭典です。(文化庁webサイトより)

「主催事業」とは、文化庁、開催都道府県、開催市町村及び文化団体等により実施されるイベントです。
そして「協賛事業」とは、国民文化祭の趣旨に賛同した地方公共団体等が実施するイベントです。
つまり、鹿児島県各地で開かれる大きなイベントなのですね♪

国文祭は、国体と比べて歴史は浅く、1986年から始まったのですが、その第30回目という記念すべき年に鹿児島で開催されるなんて喜ばしいことですね!

鹿児島県のテーマは「本物、鹿児島県~文化維新は黒潮に乗って~」です。

このテーマ、柏木由紀ちゃんの鹿児島PRポスターのキャッチコピーにもなってますよね。

鹿児島県の「本物」とは何でしょう?

それは、まず、自然の恵みあふれる農産物。特に「黒豚・黒牛・黒酢」などなど、鹿児島は「黒」を特産物のイメージカラーにしています。
このごろは「黒さつま鶏」もありますし、焼酎「黒伊佐錦」も人気が出てきました。

また、伝統工芸も歴史を感じる「本物」。

大島紬、薩摩切子、薩摩焼、川辺仏壇など、いずれも熟練した職人さんの手による貴重な伝統工芸ですよね。
大島紬や薩摩焼にも「黒大島」「黒薩摩」といわれるものがありますし、ここでも「黒」のイメージがあります。
特に大島紬は奄美諸島の特産品、薩摩焼は朝鮮から来た陶工による工芸品。
薩摩藩が広く藩や国の外にも目を向けていたその賜物なのです。

このように、豊かな自然と、中国・朝鮮・琉球などの交易で育った文化は鹿児島県民にとって何物にも変えがたい財産だといえます。

そんな鹿児島県で開催される「国民文化祭」。
鹿児島ならではのイベントがたくさん計画されています。

ぜひ、お近くの会場に足を運んでみてください!
そしてこの機会に鹿児島にお越しになった国内外の方々に鹿児島らしい「おもてなし」ができれば最高ですよね!

この「かごしま.com」でも開催前の予習になればと、各イベント、各会場についてご紹介できたらと思っています。

-鹿児島の口コミ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「薩摩の小京都」知覧で、1500年の歴史を体感する

鹿児島県に旅行したら、ぜひ行っておきたいのが、「薩摩の小京都」と呼ばれる知覧町で …

鹿児島からアニソン文化を!

NHK BS アニソンのど自慢Gの鹿児島からの出場者! みなさん、3月29日にN …

no image

鹿児島県が舞台になっている漫画4選

最初にご紹介するのは「Dr.コトー診療所」です。 Dr.コトー診療所 コミック …

「旅する丸干し」不思議なネーミングとかわいいパッケージ!

「旅する丸干し」は世界の海を旅している! 「かごんま.com」では鹿児島が豊かな …

信州そば 新留茶屋

 鹿児島空港から薩摩川内市に向かう途中、森の中にポツンとある信州そば 新留茶屋さ …

FaceBookでも鹿児島の情報配信中♪

Ads