鹿児島の口コミ

3月6日は香淳皇后のお誕生日です。

投稿日:

島津家にゆかりの方が皇太子妃殿下、そして皇后に。

天皇誕生日のことを「天長節(てんちょうせつ)」と呼んでいることをご存じの方もいらっしゃるかと思います。
今でも年配の方はときどきおっしゃってますよね。

それでは皇后誕生日のことをなんと言うかご存じの方はおいででしょうか。
意外と知られていないんじゃないでしょうか。

皇后誕生日は、「地久節(ちきゅうせつ)」といい、天長節とともに終戦までは国民の祝日となっていました。
皇居外苑
(写真はフリー素材から)

「天長節」「地久節」、この言葉の由来は
古代中国の哲学者・老子が著したと伝わる『老子道徳経』7章に
「天長地久(てんちょうちきゅう)」だそうです。
この言葉の意味は「天地が永久に不変であるように、物事がいつまでも変わらずに続くこと」。「君が代」とちょっと似ていますね。

さて、今上天皇の皇后でいらっしゃる美智子さまのお誕生日、つまり今の「地久説」は10月20日ですが、昭和皇后でいらした香淳皇后のお誕生日が本日、3月6日なのです。

「なぜここで昭和の皇后陛下の話?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
香淳皇后は鹿児島にゆかりがあります。
お母様が12代薩摩藩主公爵島津忠義の七女俔子(ちかこ)さま。
つまり、昭和皇后さまは島津の血が流れているのですね。お名前は「良子(ながこ)」さまとおっしゃいます。

これも、年配の方にお話を伺うと皇太子裕仁親王(昭和天皇)とのご成婚のときは「島津の家から皇太子妃殿下!」ととても話題になったそうですよ。
ちょっと回りのおじいちゃんおばあちゃんに聞いてみてください♪

ご成婚は1924年(大正13年)1月26日。
裕仁親王と良子さまはとても仲睦まじく、夫婦喧嘩などは一切されなかったそうです。
激動の時代を昭和天皇とともにすごされてきた香淳皇后。その方に島津の血が流れていると思うと胸にせまるものがあります。

昭和天皇との間には7人のお子様が生まれ、その中のおひとりが今上天皇であることはもちろんですが、鹿児島県民としては末のお嬢様の貴子さんが島津家にお輿入れされたこともまた話題になりました。久永氏は香淳皇后のお従弟でもいらっしゃいます。
これもまた年配の方に「島津貴子さんって知ってる?」と聞くとたいていの方が「知ってるよ」と言うと思いますので、ためしに聞いてみるのもいいでしょう。

昭和天皇は晩年、病床から「良子はまだか」と皇后をいつも気にかけていらしたそうで、そこからもご夫婦としてお互いを思いあっていらしたのだなあと思います。

香淳皇后は2000年に亡くなられましたが、歴代の皇后の中で最長の在位期間、そして最長寿だったそうです。

今の天皇・皇太子殿下をはじめとした皇室のかたがたに薩摩の血が流れている…
これはちょっと誇らしいことではないでしょうか。

-鹿児島の口コミ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニシムタ鴨池店SkyMarketつれづれ

鴨池の思い出と一緒に建っているニシムタ鴨池店! 4月にオープンしたニシムタ鴨池店 …

出水市に住みたい方はいませんか?

出水市が「地域おこし協力隊員」を募集しています。 鹿児島県出水市といえば「鶴の渡 …

鹿児島で食を考える!「おみその中のまほうつかい」

麹は日本人の食生活にとっても大切な愛の微生物です! 7月23日はかごしま環境未来 …

「大漁市場 こんぴら丸」は水産会社直営だから新鮮なお魚が食べられます!

「ホテルゼロシティ」から「チサンホテル 鹿児島谷山」にリニューアル! 谷山の南栄 …

本日、10月5日は「じめさぁ」の命日!

■薩摩おごじょなら「じめさぁ」にあやかりましょう! http://saint-j …

FaceBookでも鹿児島の情報配信中♪

Ads